2005年11月20日

勉強させる(する)目的は?

ファシリテーションとは直接関係無いのですが・・・・
先日車の中でNHK第2放送を聞いていた時のこと。「今日は対数について勉強しましょう」と高校数学が流れ始めました。懐かしいなあと思ってしばらく耳を傾けました。
「対数は指数と重要な関係があって…」としっかりとした説明が始まりましたが、何か違和感を覚えました。違和感の理由は何でしょう?

それは、いくら聴き進んでも『指数や対数』を勉強する目的何に役に立つのかがラジオから聞き取れないからなのです。(高校生の時は理由なんて考えたことがありませんでしたが)
確かに高校を卒業してからしばらく後に『放射能の半減期』など環境計量の世界でにお目にかかりはしたものの、普通は生活に直接関係のない知識に違いありません。

だからこそ、もし高校の先生が教科書にあるからと説明するだけでは無く、一つ一つの単元が何の役に立つのか説明すれば、きっと生徒も勉強をがんばるでしょう。

しかしながら、ファシリテーションを学び始めてから納得しないと次に進めないクセがついてしまったのは確かなようです(笑)
posted by 会議研D at 23:52 | Comment(4) | TrackBack(1) | ★日常で感じたこと
この記事へのコメント
また、おじゃまします。今日の話題は・・まったく私も同感です!その人がハナから興味持てそうなことでなく、どちらかというと苦痛なことを要求するとき(←仕事とかで)・・などは、なぜ必要なのかを伝える努力をしないと、とってもまずい展開になりますよね。
ところで、定例会のご案内ありがとうございました。またよろしくお願いします。こんどは、少し落ち着いて皆さまとご挨拶したいと思ってます。
Posted by ぽけっと at 2005年11月21日 21:31
そうなんですよね。人間易きに流れてしまうものなので、つい理由を省略しちゃう。だから理由を説明するクセ付け、訓練って大事だと思うんです。いつも心の中で「ちゃんと理由を説明したか?」振り返るようにしています。
早速のお申し込みありがとうございました。今度はぽけっとさんがどなたか分かる気がしてきました。お会いできるのを楽しみにしています。
Posted by だんちゃん at 2005年11月22日 00:23
だんちゃん
先日の九州フォーラムお疲れ様でした。
大成功でしたね、さすがです。
今日の話題、私も同感です。ちょっと関連しそうな記事を書いたのでトラバさせて頂きました。
九州支部定例会にも、またお邪魔させてください。
よろしくお願いします(^^)
Posted by 野口和裕 at 2005年11月22日 22:14
>野口カズさん
ブログに来てくださってありがとうございます。フォーラムは、カズさんをはじめ多くの方ががんばったみんなの成果ですよね。そして、九州フォーラムの輪が広島までつながっていけばいいなと思います。(ちょっと気が早いかも)
リンク貼らせてもらいました。これからもよろしくお願いします!
Posted by だんちゃん at 2005年11月24日 20:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

学習する子ども
Excerpt: 私には小学2年生の子どもが2人います(双子) その子どもが、なかなか学校の宿題をしません。 あの手この手をつかってみるのですが、長続きしません。(>_<) 気がついたのですが、ついつ..
Weblog: 新時代チームワーク!ファシリテーション(独立起業した現役SEが語る「管理から創造へ、共同から協働へ」シフトする手法!)
Tracked: 2005-11-22 22:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。