2005年09月19日

ファシリテーションとは?

ご訪問ありがとうございます。『ファシリテーションって何だろう』と思われる方がいらっしゃると思います。私の個人的なとらえ方はこのブログの表題にありますが、日本ファシリテーション協会での定義(リーフレット)を紹介いたします。
 「促進する」「支援する」「円滑にする」「容易にする」がもとの意味です。その機能を担う人をファシリテーター(支援者、促進者)と呼びます。

 その役割は、「中立的な立場で、チームのプロセスを管理し、チームワークを引き出し、そのチームの成果が最大となうように支援する(※)ことです。

 ファシリテーションは、場をつくり、人と人をつなぎ、チームの力を引き出し、思いを束ねていきます。それにより、組織による創造、変革、問題解決、合意形成、学習を促進させます。

 ビジネスから社会変革までさまざまな分野で応用されており、自立分散(ネットワーク)型社会となる21世紀でもっとも重要なスキルと言われています。

 ※黒田由紀子『ファシリテーター型リーダーの時代』

みなさんの身近にファシリテーションが必要な場面があるかもしれません。いかがでしょうか?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。