2006年05月11日

会議ファシリテーションを支えるコミュニケーション能力(1)

060510Oyajj-mtg003.jpg 地域コミュニティの会合に参加した時のことです。

 仕事の都合で30分ほど遅れたのですが、特に私のために話を最初から振り返ったりすることはありません。遅刻者として普通に迎えてくれました。出席が久しぶりだったこともあり、黙って聞いていました。そこで気づいたことが一つ。どうやらピタリと『話し合いが回っている』のです。

 会議の専門家として、チェックポイントをいくつか思い浮かべてました。

 さきほどの遅刻者への対応もそうですし、『1週間後のイベントをいかに良いものにするか?』と目的も単純明快。参加者のモチベーションも高く、目指すところが一致しています。他人の意見を尊重しながら、一つ一つ丁寧に話し合っていく。

 確かに、既に『実施方法の検討段階』であり、粛々と進めていけばよいだけと言ってしまえばそうかもしれません。しかし、やはり「話し合いが回っている」のです。実によく出来ています。と言っても、メンバーはだれもファシリテーションを勉強している訳でもありません。この話し合いにファシリテータは必要ないのだろうなと実感しました。

 参加者に対して、「論点がずれていますよ」「それは後で話しましょう」さっそうと話し合いの席を仕切っていく。ファシリテータ自身が最も酔う瞬間でしょう。でも、その瞬間、ファシリテータに押さえ込まれていやな気持ちになった人間が確実に一人出来ている訳です。そんな場合、得てしてファシリテータ自身が喋り好きで、相手の気持ちの変化に気づいていないでしょう。

 つまり、話し合いを進行していくツールである『ファシリテーション』を振り回す前に、『参加者への思いやり』を発揮し、コミュニケーションできていますか?ということです。
心がけておきたいですね。

 次回は、会議で必要なコミュニケーションスキルについて具体的に考えていきましょう。

あなたのファシリテーション、心配りが出来てますか?

この記事へのコメント
こんにちは。

そうですね、思いやりはまずもって一番大事ですよね。人と人が話し合うのですからね。

とても難しいのですが、「そのコメント後にしませんか?」という、ファシリテーション用語でいう『パーキングエリア』へ一時そのお題を置いておくことは、決して悪いことでもなく、その話し手をいじめているわけでもないのです。ただ、少し話を収束させたり軌道修正させたりしたかっただけなのですよね。そこを間違って「あ、責められた」「非難された」「意見を受け入れてもらえなかった」等々と話してが感じてしまうのは辛いものです。そう感じないようにファシリテータとして何かうまい工夫ができないかなっと思っています。
Posted by ちさ at 2006年05月13日 23:54
おっ、ちささんありがとうございます。
『パーキングエリア』ですよね。そしておっしゃるように、参加者がいやな思いをすることは、避けねばならないと思います。ちょっと過激に言えば、「ファシリテーター失格」かもしれませんね。この次の記事で書いていますが、日経出版のビデオで、まさにファシリテーターが参加者を非難したようなシーンがありました。
表面的に『ファシリテーションを知る』ことの危険性を感じちゃいました。
Posted by ゆうちゃんパパ at 2006年05月14日 18:12
6月の定例会の出席を終えて、じっくり眺めてみました。これこそ、まさに6月の定例会のテーマ、「マインド」の話ですよね!

6月の定例会は、こんな話が出るような定例会を期待していたのですが、少し違った方向に言ったように思います。理想のファシリテーションを明確にし、それを実現するために大切な要素は何かというプロセスでファシリテーターのマインドを考えていきました。要素抽出にあたり、スキルが見え隠れするような議論になりました。それはそれで有意義ではあったのですが、果たしてマインドまで思考が及んだのかなあと考えると自分の場合はそうでなかったように思います。行き着いたのは、ゴールではなく、疑問でした。皆さんのマインドの定義って何だろう?

また、定例会のファシリテーションにはパターンがあるなあと感じました。出された意見の中で、中心となる概念をファシリテーターが探し、それを元に模造紙に書き込むべきフレームワークを考え、あとはこれまで出された意見をそれに基づき関連させていく。自分としては、そろそろこのパターン以外のものにも挑戦していかなければならないのかなあと思いました。
Posted by おうちゃん at 2006年06月06日 15:08
>おうちゃん
マインドっていうのは、難しいと思いますよ。まず、「気遣い」がにじみ出ている人しか無理だと思います。
FAJ九州支部で、いついかなる時もこれが身についているのは、水上前事務局長+αくらいかなぁ。。。つまり相手の立場で考えられる人ですね。『自分が自分が!』と言う人は、どんなに口上手に説明しても、ダメだと思いますね。口と行動が一致しないと、空々しく聞こえます。
だから、ファシリテーションってマインドじゃなくツールなんだと最近思っているんです。それなら、勉強することで誰でも出来るようになる。逆にマインド(気遣い)出来ない人が、マインドと言うとまやかしに聞こえてくる(笑)

今度ゆっくりお酒でも飲みながら、マインドについてゆっくりお話しましょう。
Posted by ゆうちゃんパパ at 2006年06月18日 13:12
>ゆうちゃんパパ
うーん、含蓄ある言葉です。「ファシリテーションってマインドじゃなくツールなんだ」という言葉は。同感です。プロセスに特化し、参加者をリードするファシリテーションは、まさにツールです。そして、その中で、ファシリテーターが誘導してよいものとそうでないものがあるように思えます。そこにファシリテーターのマインドすなわち倫理観が問われることになるのでしょう。

いや、投げかけると、新たな気づきとなる答が返ってきますね。

いつか飲みましょう。
Posted by おうちゃん at 2006年06月19日 17:11
昨日おとといと加留部さんの言葉を聞いてて、また新たな発見が。
それはファシリテーションとファシリテーターの違い。
加留部さんは、「マインドを持ってファシリテーション…」と言っていました。
そこで、すーっと解消したのです。ファシリテーションを【技術やツール】の類と、僕は捉えているんですよね。で、それらを【マインド】を込めて使っていく人がファシリテーターとすれば、すっきりとするかと。
当たり前に聞こえるかもしれないですが、どうでしょう?
Posted by ゆうちゃんパパ at 2006年07月03日 01:30
涼しげな夏バージョンといった感じで、ブログの背景をリメイクされましたね。そうした気配りは、ゆうちゃんパパならではですね。

さて、ファシリーテーターとファシリテーションの違いですが、私も同感です。

ツールを勉強してどうなるのかというネガティブな思考が芽生えた時には、マインドとツールを合わせもつことが必要なのだと自分に言い聞かせるとポジティブな気分が生まれてくるようですね。自分に語りかける言葉として大事に頭の中に止めておきたいと思います。
Posted by おうちゃん at 2006年07月12日 15:19
>おうちゃん
またお返事遅くなりました。ごめんなさい、友達度が高いとついついいい加減になっちゃって。
ね、ツールとマインドいいでしょ。色んな見解があるとは思いますが、【技術】としてのファシリテーションを身に着けたファシリテータが、【思いやりの気持ち】を持ってファシリテーションする!
これが一番しっくり来るようです。8月は来れますか?
Posted by ゆうちゃんパパ at 2006年07月24日 01:37
>ゆうちゃんパパ
タイトルからかけ離れていますが、「8月は来れますか?」の返答で、ここに記しました。

残念ながら、今回も参加できません。8月5日・6日と、東京に英語の講習を受けにいきます。8月5日は学校が休みなのに、自分の研修とスケジュールが重なって残念です。

今回受けに行く講座は、英語学習アドバイザーの講座です。このスペシャリストにはコーチングの技能が必要なようです。自分の専門分野の延長上でコーチングに遭遇するとは驚きです。

ファシリテーションも勉強を続けていきたいのですが、定例会に参加しているしていないは、大きな差があるように思います。定例会に参加している間は、いつもファシリテーションのことを考えていたように思うのですが、今は忘れていることが多いように思えます。でも、自分の勉強するさきには、必ず出くわすだろうという予感があります。コーチングのように。

8月10日から8月20日まで学校が休みとなります。その中で、都合がよい日に飲みましょう。



Posted by おうちゃん at 2006年07月24日 14:54
はじめまして!
というより、お久しぶりです。。。
実は私、昨年田坂さんよりご紹介いただき、二度ほど会に参加させていただいたものです。
その節は皆様本当にありがとうございました!
続けて勉強したいと思いつつ転職したり土曜日の時間がどうしても作れず、時間だけが過ぎておりました。
さいきん、仕事の事で、この会社には今ファシリテーションが必要だと日に日に強く思うようになって、ネット検索しておりましたらこちらに出会わさせていただき、嬉しく懐かしくなり書き込みをさせていただきました。
みなさんずっと前進前進で頑張っておられるのですね。
深い意味も、何も考えず興味本位のわたくしを暖かくおむかえくださった事、今更ながらですが感謝申し上げます。
それにしても、今、うちの会社に一番必要なのはファシリテーションだぁ??!!!
パートなので心の中でひそかに叫ぶ毎日です。。。
Posted by あまねママ at 2006年10月03日 22:28
⇒あまねママさん
ご訪問ありがとうございました。最近、こちらのブログを更新する時間が無く、見苦しいものをお見せしてすみません。
ファシリテーションも色々な要素で構成されていますからね。一見派手なアイスブレイクなども結構ですが、まず<相手の言うことを理解する能力>や<論理立てて相手と話す技術>、つまり実力の練成が大事だと思います。このへんが無いと【こっけいなショー】になってしまいます。
この辺も定例会で学んで、いつの日か会社でご披露できると良いですね。一緒に頑張りましょう!
Posted by ゆうちゃんパパ at 2006年11月26日 23:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。