2005年12月22日

ファシリテーターになる使命感

この冬一番の寒さの中で入った温かい風呂で思いついたこと。

さて、みなさんの組織の話し合いはうまくいっていますか?このページにたどり着いた多くの人の答えは“No”ですよね。だからファシリテーションを勉強しているんだと。
ファシリテーションを学ぶ場で出会った多くの人が、「うちの組織って全然話し合いになってないんだよー。どうにかしたいんだ」とおっしゃっいます。そして「でもファシリテーションって難しいんだよねー。技術面でも精神面でもきついなー」と付け加えられます。
確かにみなさんがファシリテーションを一生懸命学んでも、ファシリテーションを知らない多くの参加者のマインドを変えるのは容易なことではないでしょう。相手はたくさんいますし。
でも、もし参加する人たちがファシリテーションについて多少の知識を持っているとしたら?

その一つの例として、九州フォーラムの運営委員会を紹介します。この委員会での話し合いは、実はファシリテーターを置いていた訳ではありません。しかし、みなさんそれぞれに意識があるがゆえに置かなくても話し合いがうまくいったのです。(言わば幽霊もしくは空気ファシリテーター状態ですね)

つまり、みなさんがファシリテーターになり一人で孤軍奮闘しなくても、ちょっとだけ視点を変えてみて、まず組織の人たちに自分が学んだことを紹介してみてはどうでしょうか?
これは『傾聴』、『主張と根拠』そして『合意形成』ぐらいをお伝えし、みんなの約束にすれば十分でしょう。ぐっと協力感が高まるはずです。(『ホワイトボードとマーカー』で描きあげると、潜在意識への拘束力が高まりますね)

さあ、“自分がファシリテーターになって話し合いを解決する”使命感をちょっとだけ解きほぐして、“みんなで仲良くファシリテーションを学ぶ”ように発想転換してみませんか?
この記事へのコメント
背景が変わり、ぐっと良くなったと思います。(以前の背景の)ファシリテーションのブログにどーして「しいたけ」なのか、理解できなかったのです。福岡の名産なの?しいたけって。「エアメール」ならまだコミュニケーションと関係するからいいんじゃないのかな。
こんどは、東京フォーラムがありますね。楽しみです。私なんでこんなに、はまってしまったのかわかりません。基調講演ではファシリと環境の話が聞けそうでこれもまた楽しみです。
私ミクシィに登録しています。だんちゃんは入っていないのですか?カズさんも入っていますよ。
Posted by じゅんこアーティスト at 2005年12月22日 22:48
>じゅんこアーティストさん
お久しぶりです。ほんとに寒い日が続きますねー。福岡でもぼちぼち雪が降っています。
ブログデザイン誉めてもらってありがとうございます。しいたけデザインのダサさに飽きてきたので、この「エアメール」に変えました。ちなみにしいたけは、大分名産です。Seesaaは使えるブログデザインが極端に少なく、秋と言うことでしいたけを選んでました。じゅんこアーティストさんが気に入ってくれたので、しばらくこのデザインにしておきましょう。(トップの手紙の部分の下の空白が間延びしているので、他の絵に差し替えたいんですけど)
東京フォーラム、もうすぐですね。九州産出の片山ようちゃんがいますから、よろしくです。一度きりの人生ですから、心から楽しめることがあるのはいいことだと思います。
mixiは一つ前の記事の若い友人Mさんから招待されて作ってみました。まだほとんどいじってませんが、「ゆうちゃんパパ」で登録していますよ。
Posted by だんちゃん at 2005年12月23日 07:44
だんちゃん。お久しぶりです。同期のおうちゃんです。だんちゃんのブログにコメントを書きます。

先日、昼間勤務する学校の会議に参加して、会議の進め方をどうにかしたいという気持ちになりました。その会議は、合意形成するための議論において、オープンに意見を求めるだけでした。出された意見に関して何の評価もなく、また、意見を構造化することもなく、ただただ参加者の意見を募り、採決を取りました。結局、決まらず、先送り。何のための会議だったのか。終わった後は、しないほうがましではなかったかと少し感情的になっていました。

議論には、賛成・反対の2つの立場に分かれるだけでなく、条件付賛成および反対もあります。それぞれの発言をどの立場からの意見なのかを明確にせず、ただ賛成か反対かを決めるものでした。司会者の目的がどうも会議をしたが決着がつかなかった既成事実を作りたかったようにしか思えない進行ぶりでした。

発言をして、進行意見を述べればよかったのかもしれませんが、その場ではまだ十分な人間関係ができていないので、無理にでしゃばることは避けました。ただ、少しずつファシリテーションとは何か見えつつあるようです。

また、最近、ファシリテーションに対する考え方が変わってきています。プロセスを管理する点から、人間関係を調整しグループのシナジー効果を引き出す点にファシリテーションへの焦点が向かっているようです。それは、どうもその場における会議の成果を求めるという観点から、継続的に集団の質を高め、学習する組織に成長させていくという観点への変更とも言っていいかと思います。

前回の定例会を機にファシリテーションの奥深さを感じております。今年もあとわずかですが、お互いファシリテーションにめぐりあい、よかったですね。また、だんちゃんに会えたことも。来年もがんばりましょう。
Posted by おうちゃん at 2005年12月24日 16:34
>おうちゃんへ
もう年の瀬ですね。今年はお互いに勉強した年になりました。来年も一緒にがんばりましょう!
さて、頂いたコメントですが、もうこれは記事ですよ(笑)『技術でなくマインドを』ということですよね。今度は“おうちゃんID”で是非投稿ください。大歓迎です、お待ちしています。
話がそれましたが、ファシリテーションと言うものは、その技術面を理解した上でおうちゃんが言うように「グループシナジー」を導く気持ちが大事だと思います。いくら人目を引くファシリテーションをしても、それが単なる『仕切りテーション』だったらやっぱりいやですね。
来年、ゆっくり語りましょう。
Posted by だんちゃん at 2005年12月29日 22:07
ZOFFYでございます。
あけましておめでとうございます。

昨年は、ブログを立ち上げいろんな方からいい刺激をいただきました。今年もいろんな刺激をいただき、かつ、自分も情報発信していきたいと思います。

今後とも、よろしくお願いします。
Posted by ZOFFY at 2006年01月01日 11:22
ZOFFYさん
明けましておめでとうございます。
昨年は私のブログに度々来ていただきありがとうございます。今年もよろしくお願いしますね。
Posted by だんちゃん at 2006年01月02日 16:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

反省と振り返り
Excerpt: ●反省(共有) ある会議の現場に立ち合った。予定時間30分が1時間30分かかった。主催者は会議の進め方が何かおかしいと気がついた。そこで、主催者が、会議の進め方について何がおかしいのか「反省」を行お..
Weblog: しげさんの未来からデザイン
Tracked: 2005-12-25 11:35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。